はんこの作成で手彫りが選ばれる理由について

はんこを作成する時には「手彫り」や「機械彫り」の作成方法があり、どちらを選択しようか迷う方も多いのではないでしょうか。実際にどちらも選ばれていますが、その中でも職人による手彫りを選ぶ人は多いと言われています。では、なぜ手彫りが選ばれているのでしょうか。ここでははんこの作成に手彫りが選ばれる理由について説明します。

まず1つ目は耐久性があるということです。職人による手掘りでの作成方法は全ての工程を手作業で丁寧に仕上げています。はんこの中でも印面はとても重要な部分になり、例えば強い衝撃を受けて欠けてしまったらキレイな印影を残すことはできません。それほど印面は重要な部分になりますが、手彫りの場合は印面に負担がかからないように作ったり、欠けないように深く掘ったりなど工夫をして作られているので、簡単には破損はしません。手彫りは長く使える可能性が高いので多くの方に選ばれています。

また、2つ目は偽造がされにくく安全性が高いということです。実印や銀行印として利用する場合は世界に一つしかないもので、偽造がされにくいものであることが重要です。万が一偽造がされてしまうと、貯金を全て失ったり、他にも様々なトラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。その為重要なはんこになりますが、手彫りの場合は印面を同じ文字でも何度も同じように作成することは不可能だと言われています。手作業となっており、同じものは二度と作成することができないので、偽造もほとんど不可能だとされています。安全性が高いので重要なはんこに選ばれることが多いのです。