手彫りと機械彫りはどうやって区別するの?

はんこの作成には機械彫りと手彫りの二種類が存在していますが、はんこに関してあまり知識がない方はどのように見分けたらいいのか分からないという人もいるでしょう。見分けるには簡単な方法がいくつかありますので、ここでは区別する際のポイントについて説明をします。

まず1つ目は彫った底で区別する方法です。手彫りと機械彫りの区別の方法は色々存在していますが、その中でも彫った底は違いが見られると言われています。違いとしては手彫りが印刀で削って仕上げるのに対して機械は専用の機器を使用して彫っていきます。これによって文字の奥、彫った底の違いが生まれ、手彫りの場合は凸凹があるのに対して機械彫りはツルツルな仕上がりになります。彫った底で簡単に区別することができるので知りたい人はチェックするといいでしょう。

続いて2つ目は線が交わる部分でも区別することができます。文字と文字が交わる部分にも手彫りと機械彫りの違いが生まれますが、具体的に説明すると機械彫りは刃を回転させながら彫っていくので角が丸くなりやすくなっています。それに対して手彫りは角の際まで丁寧に彫れることから角が不自然に丸くなることはありません。このように2つの区別の方法があるので知りたい方はここで説明したことを参考にしましょう。